忍者ブログ
           遊びをせんとや生れけむ。
284. 283. 282. 281. 280. 279. 278. 277. 276. 275. 274.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日の仕事中、支店長にあたる人が来て
箱に入った猫を見せられました。



店の裏に以前から猫が住み着いていて
スーパーということもあり近所から苦情も出ていました。
その猫が子供を産んでしまったらしく
2匹の子猫が捕らえられて箱に入れられているようでした。

「連れて帰りませんか?」と聞かれたのですが
「我が家にはもう既にオヤブンがいますので…。」
と応えたところ、信じられない事を告げられました。

貰い手が誰もいなければ
明日、野菜屑を一緒に詰めて業者に出すというのです。
それはつまり生ゴミとして処分するという事。
…はじめは悪い冗談かと思って一旦仕事に戻ったのですが
どうやら冗談ではない様子。

かといって我が家では引き取れないし、
連れ帰るわけにもいかない…。
生後1ヵ月にも満たない子猫の貰い手を探すのも簡単な事ではない。

生鮮品を扱うスーパーとして、
遠方に捨てるしか無いというのならまだしも
小さな命をゴミとして扱うその人間性に対する不快感。

先の事を考えるのは止めて、動く事にしました。



家で8匹飼っている、5匹飼っているから
自分達は飼えないという
猫好きなおばちゃん達が
少しずつ資金を出してくれました。
帰りに数日分の子猫用のご飯を買い、
実家に寄って方々に連絡。

やはり難しいです。

夜も更けて今日は連れ帰るしか無いかと思っていたところ
母親の動物好きの友人が見に来ました。

そのおばちゃんは
自分の家では犬を飼っているのですが
以前私の実家で飼っていた柴犬モモさんのことも可愛がってくれて
とても信頼できる人だったので
内心、祈るような想いでした。

「主人と相談してみる」

との言葉を貰って、実家に置いて帰るわけにも行かないので
結局自宅に連れて帰る事にしました。

愛方と協力して子猫用のミルクを飲ませ、
排泄させ、なんとか一安心。

そして今日の朝、母親からメールがありました。
「一匹引き取ってもらえる」という内容!

夕方仕事から帰るらしいので、
今から連れて行こうと思います。

黒とキジ、どちらにするかは決めかねているようです。



黒はオス、346グラム。
キジはメス、339グラム。

じゃれている姿は
やんちゃな兄としっかりものの妹、といった感じです。


PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
コメント返し
>hitoさん
祈りが届いたのか、
2匹は一緒に引き取られていきました。
小さな命をなんとも思わない人間が
いたるところにいると思うと嘆かわしいです。
そういう人は自分の子供がゴミに捨てられても
同じ事が言えるのでしょうか。

>真柴さん
おかげさまで、最高の飼い主がみつかりました。
それも2匹が離れ離れになる事も無く。
実家の近くなので、
たまに様子を見に行こうと思います。
猫じゃらしのお土産でも持って(笑
hidden URL 2010/06/26(Sat)23:52:11 編集
(T.T)
hiddenさんの行動によって、救われる命は貴方への恩を忘れないと思いますよ。

それにしてもヒドイこと考える人間がいるのですね。
おそろしくて涙が出ます。
生ゴミと一緒!?

ウチの猫4匹は全て捨て猫でした。
2匹ずつ姉妹なんですけどね。
この子達が死んだ後も、猫か犬を・・と思ってますが、お金で買わずに、不運な子を救ってあげたいと考えています。

hiddenさんの優しさに、心打たれました。
みんないい人に引き取られるといいですね。
真柴 2010/06/25(Fri)22:40:40 編集
心から・・・
子猫ちゃんたちの未来を見守ることしかできないやるせない気持ちになりました。
私自身も室内犬がいるので、猫を飼うことができないのに、このようは境遇に生まれてきてしまった命だからこそ、幸せになってほしいと願う気持ちでいっぱいです。
貰ってくれる暖かいお返事をいただいた時の気持ちはなんとも言えなかったと思います・・・
きっと お母様のお友達の方は二匹引き取りたい気持ちでいっぱいの中苦渋の選択だったと思いますし;;
そのような方に育ててもらえるのなら、本当に幸せになれると思い、嬉しい反面残ったもう一匹の子猫の今後が心配・・・
心配することしかできません><
hiddenさんの手で救ってくれた小さな小さな命。
昨晩は愛方さんとお二人で世話をしたわずかな時間は、不安と複雑な心境でありながらも、
きっとお二人の笑顔に包まれ一瞬でも幸せな時間があったことを嬉しく思います。
新聞で里親募集などに出している方もいるのに、生ゴミとして処分しようなんていう考えがすぐ思いつく人間もいる・・・
こんなのが現実かと思うと本当に憤りを感じます。
ただただ、後は残ったもう一匹の子猫ちゃんの貰い手さんが見つかってくれるよう、遠くで願っています><
hito 2010/06/25(Fri)21:43:34 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[11/06 hidden]
[11/06 hito]
[11/06 hito]
[11/06 hidden]
[11/05 hidden]
広告
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp