忍者ブログ
           遊びをせんとや生れけむ。
134. 133. 132. 131. 130. 129. 128. 127. 126. 125. 124.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
コメント返し
>hitoさん
この絵に添えた言葉は
体裁を繕って着飾ったり
うまい事を言ってごまかすのでは、
すぐに正体が露見してしまう。
ごまかしながら世渡り上手に生きるのではなく
例え下手でも
“本物”でいようという気持ちからでした。

hitoさんのお父さんも同じような事を
仰っていたのですね。

靴は慌てて体裁を繕うときに
一番気を抜いてしまいがちな所と言います。
「頭の先からつま先まで」と言うように
常に髪型から靴まで手入れが行き届いていれば
隙が無い、という事になります。
「靴を見ればその人がわかる」
と言う人もいます。

私が思うに、
髪型や化粧、服装は誰でも気をつける。
その上で靴にまで気を配れるようになれば
隙が無く、侮られる事が無い。
「靴をキレイにしなさい」という事は
身だしなみだけに限らず、
「何事も90点で満足せずに、上を目指そう」
という考えの表れのような気がします。
…素敵なお父さんだったんですね。
hidden URL 2010/01/07(Thu)00:39:28 編集
同じ意味なのかな
 今は亡き父が、よく「靴をキレイにしなさい」
と言っていました。

「どんなにお化粧してキレイにしても、
素敵な服を着ても、靴が汚れていたら
『ああ、この人、だらしのない人なんだ』と
思われる」と。

人の足元を見るという言葉がありますが
そういう意味からきていることなのでしょうか。
hito 2010/01/06(Wed)13:31:58 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[11/06 hidden]
[11/06 hito]
[11/06 hito]
[11/06 hidden]
[11/05 hidden]
広告
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp