忍者ブログ
           遊びをせんとや生れけむ。
96. 95. 94. 93. 92. 91. 90. 89. 88. 87. 86.
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昔たまたま見つけて心揺さぶられた動画です。
hitoさんから猫の泣ける話を聞いて思い出しました。




PR
この記事にコメントする
NAME : 
TITLE : 
COLOR : 
MAIL ADDRESS : 
URL : 
COMMENT : 
PASSWORD : 
コメント返し
>hitoさん
私も昔、思春期に深く沈み込んで
塞ぎ込んでいたときに
今は亡き親友の柴犬モモさんに
何度も救われました。
夕方散歩に行って夕日を一緒に観たり
夜散歩に連れ出して公園で星を見たり、
塞ぎ込んだままにならなかったのは
どんなときでも元気に散歩に行く
相棒がいたおかげだと思っています。
勝手な思い込みかもしれませんが、
愛情を注げば心は通じるものだと思います。
hidden URL 2009/12/24(Thu)00:15:09 編集
凹み中なので
私の凹み事情とは全く違うことなのですが、
こういう心境の時だからか、
hiddenさんの言葉で涙がでます・・・

自分に起きている事態を、
Jは全く理解していないし、鈍感な犬なので
遊んでとかしつこかったですσ(^_^;)
こういう時でも、くったくなく私に接してくれているのは、きっと早く元気になってと思っているのかもしれませんね(多分 絶対勘違いですがw)
hito 2009/12/23(Wed)03:58:08 編集
コメント返し
>hitoさん
愛情を注ぐ以上に注がれ
教える以上の事を教わりますよね。
きっと彼らは、我々が感じる以上の事を
全身で感じているのだと思います。
hitoさんが我が子のように
大事にしている気持ちは
誰よりも本人が一番感じていると思いますよ。
hidden URL 2009/12/22(Tue)18:50:45 編集
動物系
映画「タイタニック」とかいう人間の泣ける話とは、全く別物でに思っています・・・

動物は口が利けないし、人間より遥かに寿命が短すぎるほど短くて
それだけでも、切ない気持ちになるのに、
ペットは特に 短い一生を飼い主に愛される為だけに懸命に生きています。

前の犬とマリモが重なって、息詰まる動画でした;;
最後の「また犬を飼いたい」

私は前のコを失って、もう絶対犬は飼わないと思っていたのに、心のどこかでずっとまた犬を飼いたいと思っていました。
あのぬくもりや、くったくのない可愛らしさ、
たくさんいろんなことを教えてもらいました。

ペットは、私たちが愛情を注ぐ以上に
飼い主に愛情を注いでくれます。
そのことにいつも感謝しながら、年老いてきてて、病気持ちのJを大事にしていこうと思っています。(実際Jは大事にされている自覚があるかどうかわかりませんが;玉ねぎ食べさせてしまうような飼い主ですしね;;)
hito 2009/12/22(Tue)01:35:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カウンター
最新コメント
[11/06 hidden]
[11/06 hito]
[11/06 hito]
[11/06 hidden]
[11/05 hidden]
広告
ブログ内検索
バーコード
アクセス解析
忍者ブログ | [PR]
shinobi.jp